薬剤師の求人を見るときの3つのポイントを解説【茨城県結城市版】

茨城県結城市で薬剤師として働きたい人に、求人情報を見るときの3つのポイントを解説していきます。新卒採用を目指す人もいれば、転職を成功させたい人もいるでしょう。まずは、しっかりと求人情報を確認して、自分の要望に合った仕事先を見つけなければなりません。

茨城県に薬剤師の需要がどれだけあるのかを知っておくことも重要です。年収や就職先の種類、雇用形態などにどのような違いあるのかを詳しく見ていきましょう。

合わせて読む:中高年の薬剤師求人の現状

茨城県結城市で薬剤師の仕事を探す!

茨城県結城市は県西部に位置し、伝統的な絹織物である結城紬が特産品として有名です。市内における薬剤師の就職先には、病院や調剤薬局、大手のドラッグストアなどが挙げられます。新卒で働き始めることを考えている人は、東京都内や人口の多い都市部に比べて家賃や生活費が安いというメリットがあるでしょう。

ちょうど栃木県との県境となっており、埼玉県にも近いため、実家がその近辺にある人には通勤可能なエリアです。また、結婚や出産、子育てのために転職を考えている場合には、自然豊かで暮らしやすい結城市で働くのは選択肢の一つになるでしょう。

ただし、勤務地が市内中心部から離れていると、通勤に車が必要になることも考えられます。移動手段や費用なども含めた総合的な判断によって仕事先を決めることが重要です。

茨城県結城市には薬剤師の需要があるのか?

茨城県結城市で薬剤師の仕事を始めようと考えている人は、その地域において薬剤師の需要がどれだけあるのかを知っておきましょう。

2016年に茨城県が県内の薬剤師数を調査したところ、届け出のあった薬剤師数は6605人となり、2014年の調査時よりも220人増加しました。

しかし、人口10万人における薬剤師数は227.4人と、全国平均である237.4人を10ポイント下回り、全国で17位という結果です。

これらの数字を見ると、県内の薬剤師数は増加傾向であっても全国平均には届かず、まだまだ足りていないといえるでしょう。県内での薬剤師の新卒採用・転職市場は十分に需要が期待できます。県内で働く薬剤師を年齢別に見ていくと、30~34歳がもっとも多く、次いで45~49歳、その次には35~39歳とミドル世代が活躍していることがわかります。

人数が比較的少ない20代の就職活動には大きなチャンスがあるでしょう。

また、30歳前後に転職を考える人が多いといわれていますが、転職先に同世代の人がいると新しい職場にもすぐになじめそうです。人間関係がうまくいかなかったというのは転職理由として必ず挙げられるため、同世代の同僚が職場にいていろいろと相談できるのは大きなメリットといえます。

【求人情報を見るときのポイント1】年収で選ぶ

薬剤師が就職先を探す場合には、ハローワークや転職サイトなどで求人情報を検索する方法と、転職エージェントの紹介によって新たな職場を探す方法が代表的です。新卒採用を目指す人は、就職セミナーや合同説明会などを活用するのもよいでしょう。

インターンシップを採用している会社であれば、実際に働いてみることで頭の中で描いていた仕事のイメージが大きく変わるかもしれません。このように、薬剤師が仕事を探すときにはいろいろな方法がありますが、求人情報をしっかりと確認して自分の要望に合った条件を探すことが重要です。

これから求人情報を見るときの3つのポイントについて解説していきます。求人情報を見るときに、多くの人がもっとも重要視する項目が年収についてでしょう。年収を考えた場合、病院での勤務よりも調剤薬局の薬剤師の方が給料は高いです。

ただし、店舗数が多い調剤薬局は年収が下がる傾向があります。全国展開している大手ドラッグストアは勤務地を選べるというメリットがありますが、その地域に根ざしている中・小規模の調剤薬局と比べて年収は下がる場合が多いでしょう。

その一方で、店舗数が少ない調剤薬局では職場が狭く、人間の入れ替えも少ないため、人間関係にわずらわしさを感じてしまう人もいるようです。年収だけでなく職場環境や労働条件などもしっかりと確認しておく必要があります。

【求人情報を見るときのポイント2】就職先の種類で選ぶ

薬剤師が働く場所には、病院や調剤薬局、大手のドラッグストアなどがあります。それぞれのメリットとデメリットを見ていきましょう。病院の勤務は夜勤などもありますが、定時通りに仕事が終わることが多く、仕事と生活のバランスを取りやすい職場といえます。

院内に託児所を整備していることもあって、子育てをしながら働きやすい環境です。また、医師や看護師と連携しながら患者の治療を行うため、向上心が高く、スキルアップを求める人にはおすすめです。年収の面では、調剤薬局やドラッグストアと比べると低い傾向があります。

次に、店舗数の少ない調剤薬局は、年収がもっとも高く設定されていることが多く、収入面を重要視するならば第一候補になるでしょう。病院よりも就職・転職がしやすいというメリットもあります。ただし、薬局の規模や働いている人数、職場での立場などによって、求められる仕事内容が大きく変わるのも調剤薬局です。

規模の大きい調剤薬局に転職した場合、ある程度の年齢と立場であればマネジメントスキルなどが求められるでしょう。最後に、大手のドラッグストアですが、店舗数が多く、事業規模が大きいこともあって、勤務地の選択などに柔軟な対応をしてくれるというメリットがあります。

ただ、転勤や異動の可能性も高くなるため注意しましょう。ドラッグストアは会社の合併・吸収などのリスクもあります。それまでの仕事のやり方や職場の雰囲気が大きく変わる可能性もあることから、安定志向が強い人は病院や中・小規模の調剤薬局の優先順位を上げた方がよいでしょう。

【求人情報を見るときのポイント3】雇用形態で選ぶ

これから薬剤師として働いていくにあたって、さまざまな雇用形態があることも確認しておきましょう。安定した収入が得られ、しっかりとした福利厚生を受けられるのが正社員です。賞与や昇給の面でも、他の雇用形態よりも恵まれています。

出産や子育てのために休む場合にも、正社員は育児休暇などの制度を利用できるため安心です。デメリットとしては転勤や異動が発生することでしょう。その他にも、残業の負担が大きくなることなどが挙げられます。転勤・異動を避けたい人や、業務内容や期間などを限定したい人は、正社員よりも給与は低くなりますが契約社員として働く方法もあります。

薬剤師の契約社員は福利厚生を利用でき、正社員と比べて採用されやすいです。ただし、契約更新されなければ仕事先を失ってしまうというリスクがあります。雇用条件をあらかじめしっかりと決めておきたい場合には、派遣会社を利用した働き方も選択肢の一つでしょう。

派遣社員は採用のハードルが下がりますが、一つの職場で長期間働くことは難しくなります。子育てなどで労働時間を長くとれない人は、アルバイト・パートで働くのがおすすめです。正社員のように残業や転勤・異動の心配をする必要がありません。